覚えておきたい!賃貸住宅解約の注意点とポイント

解約の通知の期限に注意

賃貸住宅を解約する際は、解約通知書を貸主に提出するのが一般的です。この時注意しなければならないのは、退去の一定期間前までに、この通知を行わなければならないことです。多くの場合、1か月から2か月に設定されており、これを解約予告期間と呼びます。貸主としては、いきなり入居者に解約され、空室ができるのは経営上困ります。この解約予告期間があるため、貸主は次の入居者の募集を余裕をもって行うことができるわけですね。


解約通知書のもらい方と記入事項

解約通知書は、貸主側から指定された用紙を使うことが一般的です。解約することが決まったら、管理会社か不動産屋、大家さんのいずれかに連絡しましょう。そこで、解約通知書を送ってもらうことになります。また、契約時に、その他の書類と一緒にあらかじめ渡されることもあるので、失くさないようにしましょう。現在の住所や名前の他、転居先の住所や敷金の返金を受けるための口座など、必要事項を書きこんだ上、期限までに提出します。


退去後の敷金精算のポイント

退去日までに引越し作業や、ガスや水道などの解約をすませておきます。新しい生活の準備などで忙しくなりますので、これらは早めにすませておくことをおすすめします。また、退去した後も敷金の精算が残っています。これは、トラブルとなることもありますので、あらかじめ見積もりを送ってもらい、修繕が必要な部分の内訳と費用を確認しておくことが大切です。納得できない点があれば、貸主側に相談し、詳しい説明を求めましょう。



帯広の賃貸でファミリー向けなら緑が丘の西側の物件が、環境がいい、日常の買い物に不便がない、医療機関も揃っているという点で向いています。