賃貸借契約のどこに注意するばよいのか3選

家賃の支払い方法と総額の確認

入居者と家主との合意によって賃貸借契約は成立します。契約書に署名・押印すれば、そこに書かれた条件を受け入れなければなりませんので、十分理解することが大切です。分かりにくいところは不動産会社の人に納得がいくまで説明してもらわなければなりません。最初に注目しなければならないのは、家賃の支払い方法です。家主に直接支払う(持参または振り込み)場合と、管理する不動産会社を経由して支払う場合があるのです。この時の支払い総額で、管理費や消費税、振込手数料なども含めて確認することです。


契約開始日と契約期間・更新手数料

賃貸借契約書には、契約開始日があります。この日付は契約書を取り交わす日と同一とは限りません。契約開始日の日付から家賃が発生することになるので確認と同意が必要なのです。したがって、入居可能日を十分に考慮しながら、契約開始日をいつにするか不動産会社と相談する必要があります。次に契約期間の確認です。一般的な賃貸借契約では、2年間の期間が設定されていることが多いものです。この時に更新手数料を支払う必要があるのかが明記されているかどうかを確認し、更に直接不動産会社に聞くことです。


契約の解約と禁止事項

入居者の方から契約期間途中で終了させる場合は、家主にあらかじめ解約予告をする必要があります。賃貸借契約書にその予告期間が記載されているかどうかを確認することです。一般的には、終了の1ヶ月以上前と定められていることが多いのですが、もし契約書に予告期間が記載されていなければ不動産会社に確認しておくことです。次に、禁止事項が「他人に迷惑を与える行為は禁止」といった一般的なものであれば、具体的な内容を聞く必要があります。例えば、ペットやピアノなどです。



森の賃貸マンションは、防犯セキュリティがしっかりしているだけじゃなく、強度もあるので大きな地震にも耐えることができます。