マンションを買う前に、中古でもいいか、思い切って新築にするかが問題

新築と中古、それぞれにメリットとデメリットがある

マンションを買うと決心したなら、最初に出るのが思い切って新築を買うか、中古にするかという選択です。ではどちらがいいのでしょうか?新築マンションと中古マンションのメリットとデメリットを考えてみたいと思います。人生最大の買い物といっていいマンションを購入するのですから、予算に糸目をつけずに自分の希望をできるだけかなえたいのはやまやまです。しかし、予算の範囲内で思い通りの物件を買うことは難しいものです。


新築マンションのメリットとデメリット

新築の一番のメリットは、何といっても新しいということ。日本人は新し物好きなので、モデルルームでピカピカの部屋をみると、どうしても欲しくなってしまうようです。また、住宅価格がひと昔前に比べ下がっている今、新築でも駅の近くや都心に近い場所でも手が届く物件があったりします。住宅ローンの返済期間も長く組めるので、毎月の返済もそんなに難しくはありません。とはいうものの、やっぱり新築は高いですよね。さらに、建物が未完成の場合があり、こういうときは実物を見る前に決めなければならないこともあるのです。


中古マンションのメリットとデメリット

新築マンションのメリットとデメリットはそのまま中古マンションのそれと裏返しの関係になります。中古なら新築よりも安い値段で変えますし、実物を見て選ぶことができます。ただし、中古の最大のデメリットは、「古い」ということです。築年数が古いと設備が時代遅れだったり、修繕箇所が多く、メンテナンスにお金がかかることもあります。地震国日本では耐震基準も何度か見直しをされています。古い耐震基準のままだと、住んでいて不安になりますよね。新築にも中古にもそれぞれメリットとデメリットがあります。「新築じゃないと・・・」と決めつけず、中古にも目を向けて、選択肢を増やして希望のマンションを見つけるようにしたいですね。



札幌のマンションでは、フリーレントという一定期間の間は家賃や駐車料金が無料になるというサービスを行っています。